筋肉をつけるには増量期と減量期のメリハリをつけることが大切

筋肉をつけるには増量期と減量期のメリハリをつけることが大切

筋肉をつけるには増量期と減量期のメリハリをつけることが大切

筋肉を効率的に付けるためには「増量期」と「減量期」のメリハリを付けることが大切だと言われています。
今回はこの2つの期間について説明します。

 

 

増量期とは

 

筋肉を肥大させるにはまず、脂肪と一緒に大きくする必要があると考えてください。

 

というのも筋肥大をするためには高負荷なトレーニングはもちろん通常以上の栄養摂取を心がけなければなりません。
高栄養の食事を摂ることで筋肉は肥大していくのですが、脂肪はまったく付けずにという上手い話はありません。
筋肉を付ければ付けるほど脂肪も増えていくのです。
しかしこれは仕方のないことであり、ボディービルダーでさえ増量期で高栄養の食事を摂り筋肉と共に脂肪を付けていきます。

 

減量期とは

 

体についた筋肉をより美しく見せるには、体脂肪率を低下させる他なりません。
そこで増量期で付けた脂肪を減量期で落とすのです。
もちろん筋肉量を維持したまま。
そこで減量期に取り組みたいことは食事制限と適度な有酸素運動です。
高負荷なトレーニングに加えて上記の2つを徹底することで筋肉を維持しつつ脂肪を落とすことが出来ます。

 

減量期に注意したいこと

 

減量期には基本的に高タンパク低脂肪な食事を摂るのですが、これを続けていると体の生命維持機能が働き脂肪の落ちにくい体になってしまいます。
そもそも脂肪は貴重なエネルギー源なので当然ですね。

 

つまり減量期には必ず停滞期が訪れるのですが、これを打破するのが「チートデイ」です。
「チート」とは日本語で「ズル」の意味があるのですが、1日だけ食事制限を解除して通常通りの食事をします。
これにより体に「いつも通りの食事してますよ」と認識させることで、体は生命維持機能を解除してまた脂肪を燃焼してくえるのです。

 

 

「そこまでマッチョになりたくない」という方は増量期や減量期を気にしなくてもいいでしょうが、本格的に鍛えたいのであれば増量期と減量期のメリハリを付けることで効率的に筋肉を付けることができます。"