汗の役割と体臭を予防する洗体の方法について。

汗の役割と体臭を予防する洗体の方法について。

汗の役割と体臭を予防する洗体の方法について。

汗は、皮膚による体温調節機構の一つです。人間の体内では代謝(※食物の消化など)によって常に熱を産生しており、それを体外に放出することで体温を一定に保っています。中でも、皮膚は表面積が広く、熱の放出作用がとても大きいため、体温調節機構として重要な役割を担っています。

 

皮膚による体温調節機構は汗の分泌以外にも、皮膚の直ぐ下を走っている血管の流れる血液の量を増やし、血液を介して、体外に熱を放射し体温を下げる機能があります。逆に、外気温が低い場合には、血液の量を減らし、熱の放射量を低く抑え、体温の低下を防ぎます。

 

汗の分泌は、皮膚の表面にあるエクリン線という分泌腺から行われます。汗の成分は99%以上が水分で僅かに電解質が含まれ、この水分が蒸発する際の気化熱を利用し、体温を下げる働きがあります。

 

上述した通り、汗の水分は99%以上が水分で構成されていますが、何故においのもとになるのでしょうか。皮膚の表面には、常在菌が存在しており、これ自体は正常なことであり、成人であればほぼ100%の人に存在しています。

 

この常在菌には善玉菌と悪玉菌と呼ばれるものがぞんざいしており、汗の中に含まれる電解質や皮脂を栄養にしています。

 

善玉菌である、表皮ブドウ球菌は皮膚の表面を酸性にし、健康に保ちます。しかし、悪玉菌である黄色ブドウ球菌と真菌は栄養(汗に含まれる電解質や皮脂)を分解する過程で、アンモニア臭を発します。善玉菌である表皮ブドウ球菌も栄養の分解の過程で、臭いを発しますが、ほとんど臭いはありません。

 

その為、善玉菌である表皮ブドウ球菌をできるだけ残し、悪玉菌である、黄色ブドウ球菌や真菌の発生を抑えることで、汗の臭いを抑えることができます。その方法の一つ目が洗体の方法です。毎日、洗体をすることは当たり前のことですが、その方法が重要になります。

 

善玉菌である、皮膚ブドウ球菌はシャワーにより、その80%近くが皮膚表面から流れ落ちるといわれています。その為、洗体の際にはタオルでゴシゴシと皮膚の表面をこするのではなく、タオルは使用せずに泡で撫でるように手洗いを行ってください。そうすることで、善玉菌である皮膚ブドウ球菌が皮膚の表面に残存します。

 

少しでも、善玉菌である皮膚ブドウ球菌が皮膚上に残っていれば、1日程で元の状態に回復するといわれています。

 

普段の洗体の方法を変えるだけで、体臭の状態が全く違うものになりますので、一度お試しください。