自分のわきがの匂いに気づいていませんか?

自分のわきがの匂いに気づいていませんか?

自分のわきがの匂いに気づいていませんか?

わきがで悩んでいる人は少なくないと思います。

 

実際、自分自身がわきがかどうかもわからないまま、その臭いに気付いていない人も少なくありません。

 

ほとんど人は、自分の体臭を臭いとは思いません。臭いどころか、自分自身の臭いは落ち着くという人がほとんどだと思います。つまり、自分がわきがであってもそれが不快な臭いだと判断できず、放置してしまっている人が多いのです。

 

まず、わきがは病気ではありません。とくに治療を行う必要はありませんが、その臭い自体が他の人を不快にさせてしまっているのならば何らかの対策を行う必要があります。

 

実は、日本人の場合わきが体質の人は1割もいるとされています。わきがという不快な臭いを出していないかもしれませんが、ある日突然その臭いを発症してしまう予備郡も含めて1割もいるのです。

 

その発症原因となるのが、臭い菌の発症です。出たばかりの汗は実は完全な無臭です。しかし、この汗を栄養として臭い菌が繁殖をし、初めて臭いが発生するのです。そして、この細菌が出す老廃物がさらに臭いを出します。この臭いこそがわきがの臭いそのものなのです。

 

しかし、この菌は誰にでも発生します。わきが体質の方との大きな違いは特殊な汗線があるかないかということです。アポクリン線と呼ばれる汗線があり、その部分にこの最近が住み着くことでわきがとなるのです。つまり、このアポクリン線を持っている人がわきが体質、またはわきが予備郡だということです。

 

では、この細菌の発生を防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

 

対策としては、この細菌が発生しやすい場所をいつも清潔に保っておくことです。場所としてはわきだけではなく、耳の裏や肛門周辺などもこの細菌が発生しやすい場所となります。

 

汗をかいたと感じたら、少しでも早めにその汗を拭き取ることで、わきがの発生を防ぐことができます。早ければ早いほど効果的なので、夏場はとくに汗拭きシートなどを持ち歩くことをお勧めします。