ツンとした汗の臭いは疲労臭かもしれない

ツンとした汗の臭いは疲労臭かもしれない

ツンとした汗の臭いは疲労臭かもしれない

汗をかく季節には体臭が気になりますが、汗臭さともわきが臭とも違うツンとした酸っぱい臭いがしていたら、それは疲労臭かもしれません。

 

睡眠不足や慢性疲労など体が疲れている時に出る汗には、臭い物質のアンモニアが含まれています。
そのアンモニアが原因で、ツンとした刺激のある体臭を作り出してしまいます。

 

体が疲労していると体内の内臓などの機能が低下してしまいます。
アンモニアは通常だと肝臓で解毒されて尿として排出されますが、体の疲労によって肝臓の解毒作用が上手く働けなくなると、アンモニアを解毒しきれなくなってしまいます。

 

解毒しきれなくなったアンモニアは血液へと流れていって、汗と一緒に排泄されてしまって、刺激のあるツンとした臭いを発生させてしまいます。

 

疲労臭の原因は体の疲れだけではありません。
肝臓の機能が低下しているということは、アルコールの取りすぎも影響しています。
お酒の飲みすぎで肝臓の機能が低下してしまうと、疲労臭の原因になります。

 

また、栄養不足や不規則な生活、ストレスなども肝機能の低下に繋がります。
女性に多いダイエットによる栄養の偏りや、乱れた食生活で肉類などをたくさん食べてしまうと、肝臓に負担がかかってしまいます。
ストレスは万病の元でもありますから、同様に肝臓へも大きく影響を与えてしまいます。

 

意外なところでは、便秘も疲労臭の原因になってしまいます。
腸内にたまっている便が原因でアンモニアが通常以上に作られてしまいますから、血液中にアンモニアが流れ込んで疲労臭を起こしてしまいます。

 

通常のデオドラント剤では疲労臭は消えませんから、アンモニアを消臭する働きのある成分が配合された消臭剤を使用するのが疲労臭対策になります。
また、大元の原因である疲労を回復させたりお酒の飲みすぎに気をつけたりなど、原因となる生活習慣を改めるのが一番です。

 

汗をかいた衣類などからツンとした臭いがないかどうか確認してみて、疲労臭ならばじっくりと体を休めて疲労回復に努めましょう。

 

爽やかな香りになりたい方はこちら⇒リビドーロゼ